英語が伸びない6つの原因とおすすめの勉強法

英語が伸びない6つの原因とおすすめの勉強法

with コメントはまだありません

英語の勉強は、上達が感じられるときは楽しいのですが、伸びが感じられない時期には単に「辛いもの」になってしまいますよね。

かべに手をついてうなだれる女性

この伸び悩みの壁は誰もがぶつかるものですが、ちゃんと原因を見つけてあげれば、早くこの時期を乗り越えることができるようになります。実際、英語が伸びる人は原因を見つけて、対処できる人が多いようです。

伸びない原因を特定し、伸び悩みの壁をするりと乗り越えてしまいましょう!

伸び悩みの壁を乗り越えて、ブレイクスルーを起こそう!

伸び悩みの壁をうまく乗り越えて行ったら、英語力が急に伸びる「ブレイクスルー」が起こる可能性が高くなります。

実際私も、これまで3回のブレイクスルーを体験しました↓

  • 1回目 超初級のときの「リスニングのブレイクスルー」
  • 2回目 中級のときの「リーディングのブレイクスルー」
  • 3回目 中上級のときの「スピーキングのブレイクスルー」)

それぞれ、その瞬間は突然やってきました。

驚く女性
おや?

今でこそ翻訳を生業としている私ですが、最初は「レモン」すら聞き取れないほど、それはそれはひどいものでした。そんな私ですらブレイクスルーを起こすことができたので、誰でも起こすことはできるはずです。

私のブレイクスルー体験は、こちらのページに書いています。こちらも是非ご覧ください。

ブレイクスルーを起こすために、まずは、原因を明らかにしましょう。

英語が伸びない原因

さていよいよ本題に。英語が伸びない原因には、以下のようなものがあります。

  • ゴールが明確ではない
  • 英語学習を楽しく感じていない(やる気が出ない)
  • プラトー期に差し掛かっている
  • やり方が合っていない
  • 英語を話すのがこわい
  • 十分に英語を使っていない

原因1)ゴールが明確ではない

英語を勉強するときに、「英語を話せるようになる」など、ぼんやりとしたゴールでは、やる気を維持するのがとても難しいものです。そのため、やる気を保つために「長期ゴール」と「短期ゴール」をしっかりと設定するのがおすすめです

まずは長期ゴールを決めて、それを達成するための手段として短期ゴールを設定すると効果的です。

長期ゴール

長期ゴールは、すぐには達成できないけど、最終的に自分がめざすところを具体的に&達成したかをちゃんと判定できるものを設定すると効果的です。また、可能ならちょっとご褒美的な感じのものにすると、やる気をアップさせることもできます。長期ゴールの例には、以下のようなものがあります。

  • 学校の成績を1段階上げる。
  • 1年後にネイティブとスムーズに会話ができるようになる。
  • 半年後のTOEICで、700点をとる。
  • 半年後に海外旅行に行く。そのときに、ホテルのチェックインなどを自信を持ってできるようにする。

海外旅行などはかなりやる気が出るご褒美だと思います。欧米の英語圏でなくても、例えば、東京から3時間程度で行ける台湾などでも、英語を話せる機会はたくさんあって、英語を使う楽しさを存分に味わうことができるのでおすすめです。

また、長期ゴールが達成できたら、ご褒美として欲しかったものを買ってあげるというのもやる気を維持するのに訳に立ちます。

短期ゴール

短期ゴールは、できるだけ具体的で、確実に達成可能なものにしましょう。短期ゴールを決めるときには、長期ゴールを達成するためには何が必要かを書き出して、それぞれに具体的な数字やスケジュールを設定していくと効果的です。短期ゴールの例には、以下のようなものがあります。

英語は「できるときに勉強する」ではなく、こんな感じで習慣づけると、着実に伸びていくのでおすすめです。また、短期ゴールは、カレンダーに書き込んで、目につくところに置いておくと達成しやすいですよ。

原因2)英語学習を楽しく感じていない(やる気が出ない)

倒れている女性

誰でも経験はあると思いますが、自分の興味のあること、面白いと思っていることならどんどん身につきますが、いやいややっていると、なかなか身につきませんよね。これはもちろん英語学習にも言えることで、楽しく感じていなかったら英語は単に辛いものになってしまいます。私も何度も経験があるので、よくわかります。

特に、文法は未だに、「不定詞」とか「副詞」とか、わけわからない名前が登場した時点で、ギブアップです・・・(これで翻訳を仕事にしているのが、我ながらすごいと思います)。

PCの前でげっそりとして突っ伏した女性

でも、英語は工夫次第で楽しくすることもできます。英語を楽しいものにするおすすめの方法は、以下のとおりです。

英語を楽しく勉強できるサイトやアプリを活用する

私のおすすめのサービスは「フレーズフレーズミー」です。英作文をAIが自動で英作文を瞬間添削してくれるのが売りですが、私的には、クイズっぽい感じで学べる「日替わりテスト」がおすすめです。

有料プランもありますが、無料で使える範囲だけでもかなり使えます。

英語のテストを定期的に受ける

誰でも自分の成長が実感できたら、やる気が出てくるものです。そのため、英語のテストを定期的に受けるのはとてもおすすめです。

TOEICやTOEFLなどのテストもいいのですが、お金がかかる上に受験しに行かなければならないのは面倒臭いですよね。なので、スピーキングを勉強している方におすすめなのは「ネイティブキャンプ 」の自動スピーキングテストです。このテストには「日常英会話」と「ビジネス英会話」のテストがあり、会員なら毎月無料で受けられます。スマホから簡単に受けられて、所要時間もたった5分程度なので、受験が苦になりません。

私も実際に受けてみたのですが、総合得点に加えて、文法や語彙なども数字で評価してくれるので、めちゃくちゃやる気が出ました。↓は、私のテストの結果です。発音の点数が特に低いのがよく分かります・・・(涙)

日常英会話とビジネス英会話のスピーキングテストの結果画面

このテストは7日間の無料体験トライアルのときにも受けられるので、興味のある方は是非気軽に試してみてはいかがでしょうか。(無料体験は、「ネイティブキャンプの公式サイト 」で無料登録をするだけで受けることができます)

また、ビジネス英語の自動スピーキングテストなら、PROGOS(プロゴス)というごつい名前のAIが自動でビジネス英語力を判定してくれるレアジョブ英会話 のスピーキングテストがおすすめです。プロゴスはビジネス英語に特化したシステムで、ちょっと難しめなので、中級以上の方向けです。

プロゴスもネイティブキャンプのテスト同様、総合評価に加えて、「表現の幅」や「流暢さ」などのスキルを、学習アドバイスなどと併せて教えてくれます。↓も私が実際に受けたときの結果です。

レアジョブ英会話の自動スピーキングテストPROGOSのテスト結果

ただ、プロゴスはレアジョブの無料体験のときには受けることができませんので、有料コースに申し込む必要があります。レアジョブのビジネス英会話コースでは、月に2回もこのテストを無料で受けることができます。このテストは受けることはできませんが、ビジネス英会話力を強化させたい方は、レアジョブの無料体験を受けてみるのもおすすめです。無料体験は、レアジョブ英会話の公式ページ から登録するだけで受けることができます。

誰かと英語でコミュニケーションをとる

英語の醍醐味は、なんと言っても外国の人とコミュニケーションが取れること。この楽しさを体験できないと、英語は単なる勉強になり、なによりもったいないです。

周りに英語を話せる人がいない場合は、「HelloTalk」などのチャット友探しサービスを使って、海外の人とチャット友達を作るのもおすすめです。日本のことを教えてあげたり、相手の国のことを色々と教えてもらったりできる外国人の友達ができると、英語を勉強するやる気ががぜん出てきます。

また、オンライン英会話を活用するのもおすすめです。オンライン英会話なら、低額でネットさえあればどこからでもレッスンを受けられるので、英語を実際に使える環境を簡単に作ることができます。私が実際に試した10社以上のオンライン英会話の比較は、こちらのページにまとめています。こちらも是非ご覧ください。

原因3)停滞期(プラトー期)に差し掛かっている

外国語を学んでいるときには、上達の停滞期があることが知られています。この停滞期は、「プラトー期」、「プラトー現象」と呼ばれ、英語でも「language plateau」と呼ばれます。「plateau」とは、もともと「高原」、「台地」という意味で、努力しても進歩が見られない時期を指します。

伸び悩みグラフ

英語を学び始めた頃は、知らないことばかりなので、たくさん学ぶ傾向があります。でも、しばらく経つと、大まかなことは大体学び終えると、「前はもっと上達してたのに、伸びてる気がしない」と感じてしまうのです。

この伸び悩みの壁を乗り越えるおすすめの方法については、こちらのページにまとめています。伸び悩みの壁にぶつかっている方は、是非ご覧ください。

中級/上級者のスピーキングの伸び悩みについて

停滞期(伸び悩み)は、英会話を学んでいる中級者/中上級者によく起こります。初級から中上級くらいまでは、何を勉強しても知らないことばかりなので、「学んでいる」という実感が感じられるのですが、中級/中上級になると、ひととおり文法や主要な単語を知っているので、伸びがなかなか実感できなくなってしまうのです。

中級者の伸び悩みの壁の多くは、「うまく話せない」、「語彙が増えない」、「同じ間違いを繰り返してしまう」、「表現が不自然」、「単純な単語を使ってしまう」といったものが多いようです。そのため、中級/上級の方の伸び悩みにおすすめなのは、ネイティブスピーカーと話すことです。

実際に話してみるとよく分かると思いますが、ネイティブスピーカーとの会話は、ひとつひとつがとても勉強になります。非ネイティブの人は、どうしても表現が固く不自然になりがちですが、ネイティブの英語は「そんな言い方もあるんだ」と学べるものがすごく多いです。

例えば、日本語だと説明っぽくなってしまうことも、英語だと1つの単語で表せてしまうことがあります。例えば、「肉焼きすぎちゃったよ」というのは、日本語だと「I cooked the meat too long」としたくなりますが、英語だと「I overcooked the meat」と、すっごく簡単に言えちゃいます。こういうのは、ネイティブならではだと思います。

また、中級/中上級の人はある程度基礎ができているので、「ネイティブとの英会話」が起爆剤になり、ブレイクスルーを起こす可能性が高いです

私のブレイクスルー経験でも書きましたが、とってもお恥ずかしい話、アメリカの留学を終えて帰国したとき、私の英会話力は中級よりちょっと良いくらいでした。でも、運良く帰国後にネイティブの友達が出来たため、スピーキングに関しては、帰国後にブレイクスルーが起こりました。

ネイティブスピーカーと話すには、オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) がおすすめです。

ほとんどのオンライン英会話が講師が非ネイティブの外国人の中、キャンブリーは数少ない講師が全員ネイティブのオンライン英会話です。また、キャンブリーは24時間、予約無しでレッスンを受けることができるので、本当にいつでもレッスンを受けられるのがメリットです。私も実際にフリートークをしてみたのですが、とってもフレンドリーな講師で、会話自体をすごく楽しむことができました。

キャンブリーは、紹介コード「EIGOEIGO」を入力すると、無料体験を受けることができます。興味のある方は、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

なお、キャンブリーはよく15~50%OFFのキャンペーンをしています。キャンペーン情報については、Camblyキャンペーンのページに随時アップしています。キャンペーンプロモコードを使うとすっごくお得にレッスンを受けられるので、こちらも是非チェックしてみてください。

原因4)やり方が合っていない

英語学習で、やり方はすっごく大切です。なので、英語力が伸びないと感じしている人は、自分に合ったやり方をしていない可能性があります。人それぞれスタイルや好みがあるので、今やっているやり方に固執しないで、色々と他の方法を試してみるのもおすすめです。

以下の英語技能別に、私が実際に試したおすすめのの英語勉強法を紹介します。もし試したことがなければ、是非試してみてください。

  • 文法&ライティング
  • リーディング&リスニング
  • ライティング
  • ライティング&スピーキング
  • スピーキング

文法&ライティング

文法とライティングを鍛えるには、フレーズフレーズミー がおすすめです。

PhrasePhraseMeのロゴのスクリーンショット

有料プランもありますが、無料で使える範囲内だけで、かなり使えます。文法を学びながら、AIが英文を自動で瞬間添削してくれます。自動添削なので、AIが対応できないことがあり、英文添削としては100%ではないのが難点ですが、英語の文法を学ぶのにはとても役に立つサイトです。

リーディング&リスニング

リーディングとリスニングの上達におすすめなのが、誰でも海外大学や企業の講座を受講できる「Coursera(コーセラ) iconです。

Coursera logo

Courseraはスタンフォード大学の教授2名によって設立されたMOOC(Massive Open Online Course、ムーク)で、イェール大学などの名門大学から、Google、IBAなどのトップ企業も講義を提供しています。コーセラには無料で受講できるコースも多くあり、また、小額の有料コースでは、修了証をもらえたり、他の受講者とのディスカッションに参加したり、課題を受けたりすることができます。

コースは、芸術から、コンピュータサイエンス(CS)、機械学習、ビジネスなど幅広く提供されているため、きっと興味のあるコースを見つける事ができると思います

講座は、英語の動画を視聴したり、テキストを読んだりして、自分のペースで進めていきます。動画には英語字幕を表示することができるため、最強のリスニングとリーディングの教材です。コースの中には、日本語字幕があるものもあります。

おすすめのビジネス英語のコースは、こちらのページにまとめていますアメリカの超トップ大学ジョージア工科大学が提供する講座もありますので、高度なビジネス英語のスキルを身につけながら、英語を上達させたい方は是非ご覧ください。

ライティング

ライティングには英語で日記を書くのがいいというのを見かけますが、一人で黙々と書いていても、いつまで経っても正しいのか自信が持てないままになってしまうため、私的にはおすすめではありません。ライティング力を鍛える私のおすすめの方法は、誰かに英文をチェックしてもらって、フィードバックをもらうことです。

機械による瞬間添削で有名なフレーズフレーズミーは、私も実際に試したのですが、日常会話で使う砕けた表現等の場合は対応できずに、機械では添削してもらえないことが多々ありました。そのため、英文添削については、やっぱり人の手でしてもらうのがおすすめです。

人の手によるオンライン添削サービスの中では、英語添削・英作文添削アプリの「アイディー 」がおすすめです。

アイディーには、毎日提出可能な日替わり英作文課題があるので、継続しやすく、また1回当たり166円~と格安なのもおすすめの理由です。

アイディーには登録時に無料でポイントをもらえるキャンペーンがあるので、興味のある方は実際にどんな感じか試してみてはいかがでしょうか。登録は、「英語添削アイディーの公式ページ 」ですることができます。

ライティング&スピーキング

ライティングとスピーキングのスキルを同時にアップさせたいなら、英作文添削とオンライン英会話が一緒になった「ベストティーチャー」が絶対おすすめです。

ベストティーチャーの英作文は、講師とのチャット方式で、また幅広いトピックの中から選ぶことができるので、楽しく英作文のスキルをアップさせることができます。作成した英作文は、講師が細かくコメント付きで添削をしてくれるので、オンライン英会話では訂正してもらえない表現や文法を、全て細かく訂正してもらえます。そして、添削された英文をもとに、スピーキングレッスンが行われるため、スピーキングもかなり効果的に上達させることができます。

さらに、月額でレッスン受け放題なので、短期集中でライティングとスピーキングを上達させたい方にもおすすめです。ビジネス英語にも対応しています。ベストティーチャーには無料体験があるので、興味のある方は気軽に試してみてはいかがでしょうか。無料体験は「ベストティーチャーの公式サイト」で簡単な登録をするだけで受けることができます。

スピーキング

スピーキング力をアップさせるには、オンライン英会話がすごくおすすめです。オンライン英会話だと、低額でインターネットさえあればどこからでもレッスンを受けられるので、続けやすいのが一番のメリットです。

オンライン英会話は色々ありますが、各会社が様々な工夫をしているため、システムや特徴がそれぞれ結構異なります。そのため、もしすでにオンライン英会話をしている人も、なかなか伸びないと感じていたら、他のオンライン英会話の無料体験をいくつかを試してみて、その中から選ぶのがおすすめです

私が実際に試したオンライン英会話を一覧表にしました。ここに掲載しているのには全て無料体験がありますので、興味があるのがあれば、いくつか(又は全部)試してみてはいかがでしょうか。

原因5)英語を話すのがこわい

怖がっている女性
Photo by JJ Jordan on Unsplash

慣れない内は、英語を話すのはとっても怖いし、恥ずかしいですよね。でも、この壁を乗り越えないと、上達への道は遠ざかるばかりです。

私が声を大にして言いたいのは、

英語はかなり適当でも通じる

ことです。

英語はかなり適当でも通じますし、英語は世界の共通語なので、パーフェクトではない英語で溢れかえっています。実際、英語スピーカーは17億人程いますが、そのうちネイティブはわずか3.5億人しかいないそうです。これまでたくさんの外国人に会ってきましたが、お世辞にも英語がうまいとは言えない人もたくさんいました。でも、気にせずにべらべらしゃべる人も多くいて、そういう人は本当に尊敬します。

極端な話、私は語学留学は英語を学ぶことよりも、英語を話すことを恥ずかしいと思わなくなることが一番のメリットだと思っています。それくらい、この壁を乗り越えることは、大きな意味があることです。

でも、幸い、今はオンライン英会話という素晴らしいツールがあります。わたしのおすすめは、フィリピン人が講師のオンライン英会話です。フィリピン人は英語が上手なのは当然ですが、すっごくフレンドリーな上に、同じアジア人なので、欧米の人よりもフィーリングがあうというか、なんだかほっこりとリラックスができるんですよね。実は、私も未だに、ネイティブの人と話すときは、妙に緊張しちゃったりすることがあります。何なんでしょうね、これは。

私が実際に試したおすすめのオンライン英会話比較表は、こちらのページに載せています。各オンライン英会話の特徴をまとめています。全て無料体験がありますので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

原因6)十分に英語を使っていない

英語を話せるようになるには、実際に英語を話すしか方法はありません。実際、(これを人に言うとみんなびっくりするのですが)海外に住む私の翻訳家仲間も、翻訳で生活しているほど高い英語力はあるのにも関わらず、英会話は苦手な人がほとんどです。特に、配偶者やパートナー、彼氏/彼女が日本人の人は、たとえ海外に住んでいても英語を話す機会はすごく限られてしまいます。

そのため、英語を十分に使っていない方におすすめの方法は、毎日のようにオンライン英会話を受けることです(ここで「毎日のように」というのがとても大切です!)。オンライン英会話なら、ネットとPCやスマホ、タブレットさえあればどこからでも受けられるので、日々英語を使う環境を簡単に作ることができます。私は、オンライン英会話は本当に素晴らしいツールだと思います。あんな素晴らしいサービスが、安いところだと月5,000円くらいで利用できるなんて、本当にいい時代になりましたね。

英語を日々アウトプットしていると、英語脳がどんどん作られていき、頭の中の日本語/英語の切り替えがスムーズにできるようになるのが実感できると思います。繰り返しになりますが、ここで重要なのは「英語を日常的に使う」ということです

オンライン英会話を上手に活用して、英語脳づくりをぐーんと促進させちゃいましょう!

Leave a Reply