Camlbyを試してみた

Camlbyを試してみた

with コメントはまだありません

今回は、 Cambly(キャンブリー) でフリートークをしてみました。

オンライン英会話は、ほとんどがフィリピン人や英語を母国語としない講師ですが、キャンブリーは珍しく講師が全てネイティブ(英語を母国語とする人)で構成されています。そのため、外国人講師のオンライン英会話と比べて、料金が高いです。

「英語を学ぶならネイティブから」という意見もありますが、その辺も交えて実際に受講した上での、料金やシステムについてのレビューをします

虫眼鏡で何かを見ようとしている女性
辛口ごめん!
伸び悩みの壁を越えるおすすめの方法はこちら

Cambly(キャンブリー)について簡単に

まずはキャンブリーについて簡単に。

キャンブリーはサンフランシスコに本社をおくオンライン英会話で、世界中の英語学習者に英会話サービスを提供しています。上でも書きましたが、多くのオンライン英会話は、フィリピン人講師などを採用していますが、キャンブリーの講師は全員英語を母国語とするネイティブであることが特徴です。

また、予約無しで24時間レッスンを受けることができるので、都合のいいときにいつでも受けることができます。

教材は初心者から上級者まで、様々なレベルの教材に加え、ビジネス英会話の教材もあります。

ネイティブからレッスンを受けるメリット

笑いながら話している3人の女性
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

キャンブリーは講師がネイティブではないオンライン英会話に比べて、料金がちょっと高めです。でも、ネイティブのレッスンを受けるメリットも多くあります。私は、ネイティブによるレッスンのメリットには、以下のものがあると思います。

  1. ネイティブスピーカーとの受け答えのタイミングなどに慣れることができる
  2. ネイティブの発音と早い英語に耳をならすことができる
  3. ネイティブが使う独特の表現を学ぶことができる
  4. 参考書などに書かれている表現やスラングが実際に使われているかを、直接聞くことができる

ネイティブスピーカーとの受け答えのタイミングなどに慣れることができる

ネイティブスピーカーの人たちは、私達と受け答えの仕方や話の進め方がちょっと違います。そのため、慣れていないと、戸惑うことがあります。

例えば、日本人は会話をしているとき相槌を打つのが普通ですが、ネイティブスピーカーの多くは相槌は打ちません。そのため、私達からすると突然黙り込んだように感じてしまいます。反対に、日本語を話すように相槌を打つと、ネイティブの人はちょっと困ってしまうこともあるようです。

このような微妙な話の流れは、実際にネイティブスピーカーと会話をすることで、うまく身につけることができます。

ネイティブの発音と早い英語に耳をならすことができる

「非ネイティブの人が話していることはわかるのに、ネイティブの人の言っていることは聞き取れない」という人はよくいます。この理由には、ネイティブスピーカーの発音は非ネイティブの人の発音とは違う(英語には私達には聞き取りにくい音がたくさんある)こと、そして、ネイティブの英語は早いことがあります。

これは、もう耳が慣れるしかありませんでも反対に、耳が慣れればリスニングが一気に向上します

ネイティブが使う表現やスラングを学ぶことができる

ネイティブの英語が難しい理由には、ネイティブが使う独特の表現やスラングがたくさんあるということもあります

例えば、「business」という単語。私達は「仕事」や「取引」などと習いますが、「business」にはとにかくたくさんの意味があって、厄介な単語です。

以下の文は、どういう意味か分かりますか?

「My dog usually does her business in my backyard.」

考え込んでいる女性
犬が庭でビジネスする?

これは、「私の犬はいつも、裏庭でトイレをする(トイレは裏庭でする)」という意味です。ここでの「business」は、日本語だと「所用」といった感じでしょうか。英語では「トイレ」という直接的な表現は避けるため、「トイレ」の代わりに色々な表現が使われます。

このような微妙な表現は結構厄介ですが、理解できれば、よりネイティブに近づくことができます。

参考書などに書かれている表現やスラングが実際に使われているかを、直接聞くことができる

さらに、ネイティブであるメリットには、参考書や本などに出てくる表現やスラングが実際に使われるのかを聞けることがあります。

スラングとかって、なんとなく使うの勇気いりますよね。でも、ネイティブに使い方は正しいか、また実際に使われるのかをちゃんと確認できたら、自信を持って使えるようになります。

随分昔ですが、「スラングの本」というのに「どう?」や「元気?」的な意味として「What’s cooking?」というのが載っていました。でも、「こんな表現、聞いたことないぞ」と思い、イギリス人の友達に会ったときにわざと言ってみたら、「なんじゃそりゃ~~!」となって、大笑いした覚えがあります。

大笑いをする女性

私がアメリカに住み始めて随分経ちますが、普段使わない表現やスラングは、今でも夫に確認してからでないと自信を持って使えません。今はオンライン英会話などでネイティブに直接簡単に聞ける環境がもてるようになったのは、本当に素晴らしいことですね。

無料体験レッスンを受ける方法(無料体験コード)

PC画面を見ている女性
Photo by Content Pixie on Unsplash

通常、オンライン英会話は、数日間の無料トライアルがあるのですが、キャンブリーで無料体験レッスンを受ける方法はちょっと他のオンライン英会話とは違います。

キャンブリーで無料トライアルを受けるには、「無料体験コード」を入力する必要があります。ただ、そこにたどり着く前に、まずは登録をする必要があります。

まずは登録(所要時間は15秒)

登録はとても簡単。登録ページ の「登録」ボタンをクリックして、ユーザー名、パスワード、メールアドレス、名前を入れるだけです。

紹介コードを入力

登録が終わったら「マイページ」に行き、以下の「紹介コード」に入力すれば、15分の無料体験レッスンを受けることができます。

無料体験コード
EIGOEIGO

↑ のコードを「アカウント」の「紹介コード」の中に入れればOKです。

プロモコード入力画面

講師の選び方

登録が完了すると、待機中の講師の一覧を見ることができます。

待機中の講師一覧

さすが世界中の講師が登録しているだけあって、いつチェックしてもたくさんの講師が待機しています

また、講師は、自由検索に加えて、「カリキュラム(コース)」、「学習レベル」、「講師のアクセント」、「講師の人柄」、「予約可能」で絞り込むこともできます。

講師を絞り込む画面

カリキュラム(コース)

初心者から上級者まで受けられるように、色々なレベルのカリキュラム(コース)が用意されています。また、目的に合わせて、以下のカリキュラムがあります。

  • 日常英会話 → 初心者~上級者
  • ビジネス英会話 → 中級~上級(プレゼン対策、面接対策など)
  • 自己表現 → 初級~中級(テレビや映画、環境問題など、一般的な話題について話すコース)
  • 試験対策 → 初級~上級(IELTS、TOEFLスピーキング対策)

なお、キャンブリーはカリキュラムに沿って受講することもできますし、フリートークもできます。カリキュラムで受講しているときでも、「今日はフリートークしたいな」と思えば、最初に講師に伝えるだけで、その日のレッスンはフリートークをすることができます。柔軟にレッスンを受けられるのは嬉しいですね。

学習レベル

講師によっては、初心者を教えるのを得意としている人や、反対に上級者を教えるのに慣れている人など、様々です。そのため、英語のレベル(初心者、中級、上級)でも、講師を絞ることができるようになっています。

講師のアクセント

同じ英語でも、国によってアクセントは結構違います。私は北米英語に慣れているので、イギリスやオーストラリアの英語は聞き取りにくいです。慣れていないアクセントのネイティブとスムーズに会話をしたいときには、そのアクセントに慣れることができるのがいいですね。

講師のアクセントは、以下の4つで絞ることができます。

  • 北米アクセント
  • 英国アクセント
  • オーストラリアアクセント
  • その他のアクセント

講師の人柄

これはなにげに嬉しい人も多いのでは?講師は以下の人柄でも絞ることができます。

  • 親切で我慢強い
  • 楽しくて社交的
  • 学問的で知識豊富

日時を指定してそのときに予約可能な講師

キャンブリーは、前もって講師を予約することもできます。受講したい日時を指定すると、そのときに予約可能な講師が表示されます。

自由キーワードで検索

講師は、自由キーワードでも検索することができます。

例えば、「Japan」で検索して表示された ↓ の講師は、日本でも英語を教えた経験があるそうです(というか、イタリア、ポーランド、マレーシア、サウジアラビア、日本、ベトナムで教えたことがあるそうです。すごっ!)。

講師のプロフィール

初対面の人と話すのが苦手な人や、英会話に自信がない人はドキドキすると思いますが、日本人に教えたことのある講師なら、一気にハードルが下がりますね

また、ビジネス英語を学びたい人なら、例えば「marketing」と入力すると、マーケティングでビジネス経験のある人(中には、Marketing manager だったという人などもいます)を見つけることができるので、単に英語を学ぶだけでなく、マーケティングについて話したり学んだりもできます。

フリートークをしてみた

今回は、PCのブラウザを使って、フリートークをしてみました。今回は、メキシコシティーに住むというAngelita LAさんという人に決定。

毎回ですが、受講前はちょっとだけどきどきしてしまいます。

真剣な顔をしてPCを見ている女性
ドキドキ・・・

繋がりました!

レッスン画面

最初はお互いの自己紹介から。

Angelitaさんはメキシコに生まれ育ったそうですが、家庭や環境が完全に英語だったので、英語ネイティブなんだそうです(なぜそうだったのかは、聞きませんでしたが)。メキシコの国語であるスペイン語は6歳ごろから学び始めて、スペイン語も話せるそうですが、自分の母語は英語だと言っていました。やっぱり、子供の場合でも家庭での言語環境が一番大きく影響するのですね。とても興味深いです。

関連ページ:日本にいながらバイリンガルを育てる最も効果的な方法

その後は、私がAngelitaさんを選んだ理由である、「メキシコ」について話しました。

メキシコはアメリカの隣の国というだけあって、特にアメリカのメキシコと国境を接する州ではメキシコの文化がすごく入り混じっています。私も前々からメキシコに行ってみたいと思っていたのですが、メキシコは治安が悪いというイメージがあります。なので、「メキシコは前々から行ってみたいと思ってんだけど、治安が悪いってイメージがあるんですが、どうですか?」と聞いたら、「みんなそう言うのよ!」って笑われてしまいました。

歌いながら踊る女性

Angelitaさんいわく、どこの国にも危ない所があって、そういう所に行かなければ全然大丈夫なんだそう。ますます行ってみたくなりました。また、Angelitaさんが「もしもっとメキシコのことで聞きたいことがあったら、私に聞いて!」と言ってくれました。こういう話を直接聞けるのも、外国人と直接話せる醍醐味です。

あと、キャンブリーでは、教材(カリキュラム)で勉強する人が多いのか、フリートークが多いのかを聞いたら、英語の醍醐味はいろんなことを話すことなので、フリートークがほとんどだと言っていました。ただ、時差の関係で、Angelitaさんのレッスンを受けるのは、ブラジル人などが多く、日本人はほとんどいないと言っていたので、そういうのも影響しているかもしれません。

また、使用する教材は講師が自由に選ぶことができるそうなので、必ずしもキャンブリーの教材を使うわけではないそうです。Angelitaさんは、「Point Discuss」という、フリートークのための話題がいっぱい書かれたサイトを良く使用するといっていました。

今回のフリートークは、会話が始まってから、Angelitaさんが終始うまくリードをしてくれたので、会話は途切れることなくスムーズに進んで、すごく楽しかったです

ちなみに、今回は使用しませんでしたが、教材を使う場合は画面は以下のように表示されます。

レッスン画面説明

右側にあるチャットスペースには、翻訳ツールもあるので、どうしても英語で説明できない場合は、日本語で入力すると機械が自動で英語に翻訳してくれます。また、講師の書いていることがわからない場合は、日本語に翻訳してくれるので、初心者の方は安心して受けることができるようになっています。

レッスンの後に録画もみることができる

キャンブリーでは、レッスンが自動的に録画されており、レッスンが終わった後にレッスンを見直すことができるようになっています。

セッション履歴画面

なので、復習できるのはいいですね。

料金

多くのオンライン英会話は月額制ですが、キャンブリーは自由に組み立てることができます。

キャンブリーのプラン設定画面

1日あたりの時間は、15分、30分、60分から選ぶことができます。

週あたりの日数は、2日、3日、5日から選ぶことができます。

学習期間については、1ヶ月、3ヶ月、12ヶ月から選ぶことができます。

また、3ヶ月分を一括で払うと10%の割引、そして12ヶ月分を一括で払うと、25%の割引が適用され、お得です。

色々なパターンの料金は、以下のとおりです。

1日あたりの時間週あたりの日数学習期間料金
15分3日1ヶ月$68/月 (7,500円程度)
30分3日3ヶ月$108/月(12,000円程度)
30分5日12ヶ月$140/月 (15,000円程度)

正確な金額は、 Cambly(キャンブリー)のサイトでみることができます。

プロモーションコードの入力で割引

キャンブリーはたまにキャンペーンをしており、その時々のプロモーションコードを入力すると、割引が適用されます。

キャンブリーのキャンペーン情報は、こちらのページに随時アップしています。キャンペーンのときだと、すごくお得に受講できるので、是非チェックしてみてください。

まとめ & 正直な感想

PCの前に座ってOKサインをする女性

まずはキャンブリーの簡単なまとめから。キャンブリーの特徴は、

  • 講師は全員ネイティブスピーカー
  • 北米、イギリス、オーストラリア、その他のアクセントから講師を選ぶことができる
  • 24時間、予約無しでいつでも受講OK(常にたくさんの講師が待機中)
  • 無料体験は、無料体験コード「EIGOEIGO」を入力すると、15分間受けることができる
  • 料金は、(1日あたり15分/30分/60分)×(週あたり2日/3日/5日)の組み合わせで決まる
    3ヶ月分を一括で払うと10%引き、12ヶ月分を一括で払うと25%引き

です。

正直な感想

まず一番最初に感じた感想としては、キャンブリーは生徒の自主性をとても重んじたプログラム設定になっているということでした。多くのオンライン英会話は、一番最初のレッスンのときにレベルチェックをしてくれ、おすすめの教材まで教えてくれますが、キャンブリーにはレベルチェックはなく、自分で好きなカリキュラムをとるシステムになっています。

そのため、「英語を学びたいけど、何から始めたらいいのか分からない」という方にはあまり向いていないかもしれません。これまで10社以上試して来ましたが、アメリカ拠点のオンライン英会話は、このような自主性を重んじたシステムのところが多いようです。それとは反対に、日本のほとんどのオンライン英会話は、登録から予約までしっかりとガイドしてくれるので、オンライン英会話に不慣れな方は、日本のから始めるのがいいと思います。

システム的に私がとても使いやすくて親切と思ったのは、「学研のKimini 」と「レアジョブ英会話 」です。この2つは、ウェブサイトがとても見やすくて、登録から受講まで完全に流れにのればOKになっています。

ただ、上でも書いたとおり、ネイティブが使う英語は、英語を学んで身につけた人の英語とは違うため、自然な英語を学びたい方にはキャンブリーがおすすめです

特に中級以上の方で伸び悩んでいる方は、私の経験からも、ネイティブとの英会話は伸び悩みの壁を乗り越え、ブレイクスルーを起こすのにとても効果的です

いずれにしても、Camblyは、簡単な登録だけで無料体験を受けることができるので、興味のある方は一度実際に受講されてみてはいかがでしょうか。 無料体験は、 Camblyのサイト で無料登録をして、無料体験コード「EIGOEIGO」を入力するだけで受けることができます。

また、キャンブリーの最新キャンペーン情報を、こちらのページに順次アップしています。もしうまくタイミングが合えば、キャンペーンを利用するととてもお得にレッスンを受けることができるので、おすすめです。

最初はちょっとドキドキするかもですが、すごくいい経験になると思います。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

初心者におすすめのオンライン英会話
レベル・年齢・目的別 おすすめのオンライン英会話
オンライン英会話 比較表

Leave a Reply